>

修理業者の種類

iphoneの修理

iphoneは壊れたらめんどくさいというイメージがあります。
アップルストア直営の修理工場でなければ直せない、しかもその工場は数も少なく近くにはないのでかなりの日数も金額もかかってしまう、ということを聞いたことがあるからです。
今は街の修理屋さんでもiphoneを取り扱っているところも多いようです。
正規店ではアップルストア直営店かアップル正規サービスプロバイダに持ち込むか、配送での修理もしてくれるようです。
持ち込みの場合当日対応してくれるところもあるようです。
配送はアップル指定の配送業者が取りに来てくれるそうです。
アップルケアと呼ばれる保険に入っていれば、修理に余計なお金をかけなくても済むようです。画面の修理では入っているのといないのとでは3倍も4倍も金額が違っています。

androidの修理

androidの場合はそのまま自分が使っているキャリアのお店に持ってく方が多いのではないでしょうか。
スマホを契約するときに安全パックのような故障時の対応をしてくれるものに400円ほどで加入できます。最初は加入しなければならないと言われます。すぐに解約してしまう方もいますが、補償があるのとないのとでは料金は大きく変わってくるので万が一に備えて入っておくのも良いかと思います。

キャリアのお店で見てもらうのが一番ですが、基本的に混んでいます。修理自体は15分ほどで終わるのに待ち時間で1時間以上かかってしまったら他のところで見てもらうことも検討してしまいますよね。しかし正規のお店で見てもらうことで代替機を貸してくれたり、個人情報などスムーズな作業になるのは明らかです。


この記事をシェアする